バイナリーオプションの種類を比較して楽しく取引

バイナリーオプションについて研究するブログ日記

 

バイナリーオプションには様々な種類があります。初心者が始めやすい単純ルールのものから、やや戦略が必要になってくるルールまで、意外にも豊富な種類が揃っています。一部の種類を比較すると、一般的に利用されているのがラダーオプションと呼ばれるものです。日本国内の業者では、このラダーオプションのみを取り扱っているケースも見られます。(参考:バイナリーオプション比較サイト

 

ラダーオプションは選択した通貨ペアの価格が、取引終了時点で何円以上か、以下であるかを予想する方法です。例えば取引終了時点で、最初に設定した0.30円以上に当てはまれば、勝ちと判定されるようになります。0.30円に満たなければ負けが決まります。予想する金額は予め画面上に表示されていますので、その中から自由に投資家が選ぶことができます。0.50円や0.70円以上の選択以外に、0.30円下がる、0.50円下がるなど、マイナスの方向にも予想することが可能です。単純に選択するだけでよく、判定基準もわかりやすいことから、他の取引方法と比較して、初心者が行いやすいという魅力があります。

 

ワンタッチオプションも、何円以上や以下で勝敗が決まるルールのバイナリーオプションですが、ラダーオプションとは違い、取引終了まで待たなくても勝敗が決まる可能性を持った、取引方法になります。取引終了時間を迎える前に、予想した金額に達すれば、その時点で終了となります。取引終了まで待つのが億劫だったり、すぐに取引を終了して、その資金で再び取引にチャレンジするときには便利なやり方です。

 

また、ラダーオプションと比較して、為替の急激な変動時にチャンスが巡ってくる確率が上がります。開始と終わりの価格差がなくても、世界経済に関係するニュースが発信されると、短時間だけ為替の価格が大幅に動く瞬間があります。このタイミングを狙って、勝利の確率を上げるテクニックを用いることも可能です。

 

様々な種類を試すことで、バイナリーオプションを深く楽しめるようになります。

 

 

バイナリーオプションの仕組みとは一体

バイナリーオプションについて研究するブログ日記

 

バイナリーオプションはFXと同様に為替のレートを取り扱った金融商品ですが、仕組みとしては両替ではなく業者側との賭けということになります。FXの場合、一応は客側が損をしようが利益を出そうが、業者側は損をしない仕組みになっています。それはスプレッドや手数料を徴収していて、確実に業者側は収益を上げているためです。実際には客側が勝てば業者側が損をしたりすることもあるのですが、見た目の仕組みとしては業者側は損をしないようになっています。

 

しかし、バイナリーオプションの場合には別であり客側が大勝ちをするようなことがあれば業者側は大損をすることになり、業者側が大勝ちをすれば客側が大損をするという仕組みになっています。その理由としてはバイナリーオプションというのは、客と業者側の相対取引となっていて客は業者側が提示するレートに対して勝機があると判断をした時に投資をするものとなっているのでどちらかが勝てばどちらかが損をするという仕組みになっています。

 

バイナリーオプションには売りと買いがあり、それぞれのペイアウト率が1.8倍程度となっていますから、売上が半々であった場合業者側が負けるということはありません。ところがこれが偏ってしまった場合、偏った方の目に流れれば業者側が大損をすることになり、客側が勝つということになります。逆に偏りの少ない方に流れた場合、客の大半が負けて業者の一人勝ちということになるのです。

 

つまりこの構造というのはギャンブルと同じであり、ブックメーカーやカジノの胴元と同じような性質を持っているのです。そのため、元々バイナリーオプションというのはフェアな金融商品ではありませんから、それだけに業者選びというのは重要なものとなり、信用できる業者でなければ何をされるのかわかりません。バイナリーオプションは仕組みを知らなくても取引ができますが、仕組みを理解することでリスク管理の重要さを認識しやすくなるので覚えておくと良いでしょう。

 

 

2chでも盛んに議論されているバイナリーオプション

バイナリーオプションについて研究するブログ日記

 

バイナリーオプションは、仮に1ドル=100円としたら、それが将来、円高に振れるのか円安に振れるのかのどちらかを当てる金融商品です。ハイ&ローとして広く知られており、2chなどの掲示板でも盛んにバイナリーオプションのことが議論されています。実際には取引を行い続けると必ず負ける可能性もあり、全部を的中させることが難しい側面もあります。従って、計画的に投資を行なうことが必要な金融商品がバイナリーオプションの特徴となります。

 

国民生活センターでも一見すると、為替の数時間経過後のハイかローかを的中させる簡単な取引そうに見えますが、実はリスクが高い商品であると警告しています。つまり、損失額も知らず知らずに膨らみやすい金融商品の一つであると警告されているのです。実際には2分の1の確率で的中させるゲームで、的中すれば投資額の倍近くに投資金が膨らみますが、的中しなければ投資金が総て没収されるという簡単なのがルールです。初心者でも始めやすく、資金量が少なくても投資でき、しかも損失は投資金の範囲で済むということで人気が出ている投資商品となっています。

 

一般的なFX取引では追証の発生する可能性がありますが、バイナリーオプションではレバレッジがないため追証が発生しない仕組みになっているためです。利用者にとっても取引の簡単さとリスクを管理しやすさがメリットとして親しまれています。なお2chなどの掲示板では、バイナリーオプションを扱う会社に対する情報や評価、また投資した場合の負け金や勝ち金などの情報も掲載されており、なかには予想を行っていたりするレスも立っています。掲示板なので気軽に掲載できる側面もあり、鵜呑みすることは出来ませんが、そこでのやりとりで楽しんでいる人も散見出来ます。

 

バイナリーオプションに限らず、株式などでも2chのような自由に意見などを掲載できる掲示板は盛んにやりとりされる傾向が強いです。実際にバイナリーオプションを検索かけると2chの掲示板が上位に出たりすることもあるため、それだけアクセス数も多い傾向があります。

 

 

2016/07/21 08:49:21 |
テクニカルにはオシレーター系やトレンド系があって、さらに何十種類もあるので実践に向いてるのはどれなのか慣れるまで大変ですが、基本は4つのテクニカルだけ覚えれば良い気がします。チャートはローソク足だけでは不十分ですし、たくさんのテクニカルを同時に表示しても混乱するだけなので最初のうちは2つから4つ程度同時に表示するのが良いと思います。4種類のテクニカルを同時に表示させた方が良いのはMACD、ストキャススティックス、RSI、ボリンジャーバンドです。これらのテクニカルを表示させるとチャートの下に曲線グラフが表示されるようになります。一度に表示させてしまうと混乱する原因にもなるので1つずつ覚えていくと...
2016/07/21 08:49:21 |
エントリータイミングを見るときに判断しやすいFXのテクニカルにグランビルの法則というのがあります。グランビルはアメリカの有名な株のアナリストで移動平均線と合わせて考案したテクニカルで古くから利用している人が多いのが特徴です。グランビルの法則は8つの法則からなっています。基本的に買いが4、売りが4の法則があり、平均足とローソク足の組み合わせで成り立っています。法則を知っておけばエントリーやタイミングを判断しやすいのでミスを減らせます。買いの法則と売りの法則は相対的になっているのでどちらか4つ覚えるだけで理解できるようになります。グランビルの法則1つ目は移動平均線が下がっていきしばらくすると移動平...
2016/07/21 08:48:21 |
テクニカルツールはたくさんあるのでどれがいいのか迷いますが、FXするならRCIとRSIを使うと先が読みやすくなります。RSIは相対力指数と呼ばれており、0から100までの間の動きを示しています。一般的に0から30ぐらいまでだったら売られすぎ、80以上だったら買われすぎと判断をしていくとわかりやすいです。チャートのローソク足だけを見ていてもどの方向に動くのか予測がむずかしいことが多かったのが、RSIを見ることで先行きがわかるようになってきたのでテクニカルの中では使いやすい方だと思います。右肩上がりのトレンドや急降下に入ったときのRSIは天井に張り付いたまま動かなくなってくるので機能しなくなります...
2016/07/21 08:48:21 |
専業でFXをすると一日中エントリーと決済を繰り返していくので何十回と取引するようになってきます。画面を見続けているだけで疲労が溜まってくるので正常な判断ができなくなり結果ミスを連発することもありました。体力が消耗してくると待つのが面倒になるので、すぐにポジションを取るようになり結果的にチャートが反対方向に動いてしまうということも珍しくありません。専業でやるなら一日数回のエントリーだけにした方が稼ぎやすくミスも減らせます。一日数回の取引では1時間足や3時間足のチャートにしていきタイミングを見計らってそこでエントリーした方が安定します。欲張ることで損をしていくので稼げそうと思っても安易に手を出さず...
2016/07/21 08:48:21 |
FXは少額でやるのとある程度まとまった100万とか1000万単位でやるのと、どちらが安定してるかといえば100万以上で取引きした方が稼ぎやすいようです。しかしリスクもその分あるので初心者なら10万円前後から始めるのがいいと思います。FXで取引するにはチャートを見ていくわけですが、初めてだと何分足を見たらいいのか迷うことがあります。短期で売買するなら5分足がちょうどいい感じですが、中長期で始めるなら1時間足、4時間足、日足で流れを掴むようにすると市場の動きが掴めてきます。FXで投資する方法には順張りと逆張りがあります。逆張りは戻ってくることを前提に投資していくのに対して、順張りは一定方向に動き続...
2016/07/21 08:48:21 |
FXで効率良く稼ぐには5足チャートを見ながら10pipsを狙っていくと取れるようになってきます。最初のうちは感覚がうまく掴めないのでいつまでも持っていて塩漬けになることもありましたが、何pips取れたら勝ち逃げするというスタイルを取ることで効率が上がります。FXにはトレンドとレンジがあるのでレンジのときだけを狙うようにします。レンジはテクニカルのパラボリックで反転するところを狙うようにしています。長い周期の波と短い周期の波があるので5分足で短い周期のチャートを探します。FXはドル円やユーロ円、ユーロドルがスプレッドが小さいので稼ぎやすいです。安定しているのはやはりドル円になります。ポンドや豪ド...
2016/07/05 12:45:05 |
不労所得というと働かずして得る収入ということで、サラーリーマンにもリタイアしている人にも人気のある投資方法です。投資で得られる利益には、インカムゲインとキャピタルゲインがあります。売買差益で利益を出すキャピタルゲインと、配当金や分配金を貰うインカムゲインです。そのインカムゲインに着目した投資が不労所得になります。働かなくてもいい位の不労所得を得るには資金もたくさんいりますし、リスクもありますが、毎月ほんのちょっとずつお小遣いが受け取れたらいいなと思っているのでしたら少しの資金でも投資をスタートしたから可能なことです。まず株式ですと銘柄によって配当金を貰える月が違います。投資信託の場合は毎月分配...
2016/07/05 12:44:05 |
投資信託というと一度購入してしまえば証券会社が運用をしてくれて月々配当がもらえるのでチャレンジしやすいイメージがありますよね。もちろんそのイメージは間違っていません。ただ投資信託にはいくつもの注意点があります。ここではまず簡単に投資信託について説明をしたうえで注意点を案内したいと思います。簡単にいうと投資信託とは株式を中心に投資するもの、債券を中心に投資するもの、リートといって不動産などを中心に投資するものに分けられます。また、正しくは分配といいますが毎月配当が出るもの、半年に一度配当を出るもの、配当として還元しない代わりに基準価格が上がっていくもの(売却した際に初めて利益となります)などとこ...
2016/07/05 12:44:05 |
私が株式投資を始めたのは大学を卒業して就職した年の夏頃でした。誰かに進められたわけでもなく、まったくもってなんとなく始めてみようかな、と思い某大手証券会社の窓口へ行き、口座を開設しました。その頃はNISAなんてなく、今ほどネットの証券会社も盛んではなかったような気がします。身近に投資について相談できるような人はもちろんいなかったので父に相談したところ父の勤め先の企業と電力株を勧められ、言われたとおりに購入しました。その後しばらくは気になってチャートをよく見ていましたが上がったり下がったりとトントンくらいでした。年二回の配当が銀行に預けるよりよっぽどいい、ということで投資を始めたので短期で売買す...
2016/07/05 12:44:05 |
私は今でも投資信託をやっている。これは毎月配当があるものだが、益金があまり出ていないし、何か投資した資金を食いつぶしているような気がする。この投資信託は信託銀行の勧めでやっていたがものだ。この配当金で私は生活費の足しにしている。この毎月配当の投資信託はなるべくやらない方がいいと書いてあった経済誌を読んだことがあるのだが、先に書いたように生活費の一部にしているのだ。新聞の経済欄によると日本の保険会社が日本国債を手放しているとのことを書いているのを読んだことがあるが、私の知り合いによると日本国債が危なくなってきているのではないかと言っていた。その彼によるとアメリカの国債は今が買い時だろうとも言って...