初心者がFXで稼ぐならレンジのときの逆張りが稼ぎやすいです

初心者がFXで稼ぐならレンジのときの逆張りが稼ぎやすいです

 

FXで効率良く稼ぐには5足チャートを見ながら10pipsを狙っていくと取れるようになってきます。最初のうちは感覚がうまく掴めないのでいつまでも持っていて塩漬けになることもありましたが、何pips取れたら勝ち逃げするというスタイルを取ることで効率が上がります。FXにはトレンドとレンジがあるのでレンジのときだけを狙うようにします。レンジはテクニカルのパラボリックで反転するところを狙うようにしています。長い周期の波と短い周期の波があるので5分足で短い周期のチャートを探します。

 

FXはドル円やユーロ円、ユーロドルがスプレッドが小さいので稼ぎやすいです。安定しているのはやはりドル円になります。ポンドや豪ドルでもレンジなら狙っていけないこともないですがスプレッドの幅が広いと利益確定するまでに時間がかかることもあります。利益確定まで時間がかかってしまうということは売るタイミングを逃すことになるのでスプレッドの狭いドル円を狙うのがベストです。ドル円の動きがほとんどなくユーロドルやユーロ円が活発ならユーロ狙いにします。

 

10pipsの利益確定のやり方は長時間持つ必要がないのでストレスが溜まらないので良いと思っています。チャートを見ながら上がったらショートしていき、下がったらロングするの繰り返しで常に逆張りをしながら取れるだけとっていきます。そのとき気をつけなければいけないのが指標発表後です。発表の数字によっては大きく上昇したり下落したりするので、逆張りが通用しなくなることもあるので、指標発表前までのレンジが比較的狙いやすいです。

 

1分足のチャートもたまに見ますが全体像が把握しずらいので5分足が判断しやすいです。FXに慣れてきたら10pipsから15pipsぐらいにして儲けを大きくしてと楽になりますが、最初のうちはなるべく少し儲けたら決済するようにした方がいいです。週末や月末になると波が大きくなりトレンドになることもあるので深追いは注意が必要ですが普段の穏やかな波のときならレンジの逆張りで稼ぐことができます。