投資信託を購入する際の注意点

投資信託を購入する際の注意点

 

投資信託というと一度購入してしまえば証券会社が運用をしてくれて月々配当がもらえるのでチャレンジしやすいイメージがありますよね。もちろんそのイメージは間違っていません。ただ投資信託にはいくつもの注意点があります。ここではまず簡単に投資信託について説明をしたうえで注意点を案内したいと思います。

 

簡単にいうと投資信託とは株式を中心に投資するもの、債券を中心に投資するもの、リートといって不動産などを中心に投資するものに分けられます。また、正しくは分配といいますが毎月配当が出るもの、半年に一度配当を出るもの、配当として還元しない代わりに基準価格が上がっていくもの(売却した際に初めて利益となります)などとこれも様々です。気になった方は身近なところだと郵便局や銀行、あとは証券会社に行けば各種取り扱っている商品のパンフレットが置いてありますのでますは購入前に気になった商品がどういう性質のものか収益を得る方法はどのようになっているのかをよくよく確認してみてください。

 

そこで注意点ですが、投資信託は購入にあたり手数料がかかります。これを購入時手数料(申込手数料)といいます。また運用管理費用(保有費用)、信託財産留保額(ファンド繰戻金)、そのほかにも分配金を受け取るときには税金がかかったり、売却時にも手数料がかかったりとさまざまです。儲かったと喜んだところ予想以上に手数料を取られてしまった!ということにならないように注意が必要なんです。現在ではネットの証券会社など手数料がかからなかったり、割安だったりとさまざまなサービスも見受けられます。気になった方はぜひチェックしてみてください。